ギフト対応

◆こちらのアイテムは常時在庫更新をしておりますが、他店舗販売もさせて頂いておりますので、ご注文が重なった場合や諸事情により欠品する場合もございますので、何卒ご容赦下さいます様、お願い申し上げます。

◆モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

◆在庫切れの場合、再入荷は未定となっております。
あらかじめご了承くださいませ。


 
仕   様
カ ラ ー Navy(ネイビー)
Green(グリーン)
Dark Brown(ダークブラウン)
Light Brown(ライトブラウン)
素 材 牛革(VACCHETA LEATHER)
サイズ 約 19.5×10.5cm(金具含まず)
厚み:約2.2cm
ブランド Bottega Fiorentina
(ボッテガ フィオレンティーナ)
生産国 Italy Firenze(Scandicci)
◆ 店長よりひとこと ◆
イタリア フィレンツェの郊外、革製品の生産で有名なScandicci (スカンディッチ)に工房を持つレザーブランド“Bottega Fiorentina” ボッテガ フィオレンティーナ。
イタリア製の革のみにこだわり、全製品・全過程一つ一つが職人によるマニュファクチャーによって作られております。

VACCETTA LEATHER(バケッタレザー)は化学製品を一切使わずなめしており、通常の2倍以上の時間がかかる為、高級素材とされております。また、天然染料のみでなめしているので安心してお使いいただけます。
使うほどに艶が増し、美しく味わい深い表情へと変化してゆき、持つ人それぞれに違ったエイジングをお楽しみ下さい。

表面に見られる多少の傷やシワ等は、不良ではなく天然素材によるものです。革本来の風合いをお楽しみ下さい。
手作りゆえ、1つ1つの製品に多少の違いがある事もあります。


【ご購入前にご確認くださいませ】
こちらの商品に関しまして返品・交換は承れませんのでご容赦下さいますようお願い致します。

    
● 二重価格表示について ●
メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています



売り切れ必至! 【30%OFF】Bottega Fiorentinaボッテガ Florence/Unisex/メンズ/小物/インポート/ギフト/プレゼント/赤茶緑紺青/春物セール) ウォレット(17A-BF-04/688)(A.R 高級ブランド 長財布イタリア レザー フィオレンティーナ牛革-メンズ財布

結婚する時、私たち夫婦は新居として3LDKの建売住宅を購入した。
友人Aは隣の町に一戸建てを建てた。
っていうか、正確には建ててもらった。(旦那さんの親に結婚祝いとして、らしい)

互いの家を行き来するたびに「建売ってあちこち不便じゃない?」とか
「色々安っぽいしあんまりマイホームって感じしないよね」とか軽くdisられていたが、
当時の自分たちには分相応だと思ってたので、多少不愉快ではあったけど
まぁ余所は余所って感じでなるべく気にしないようにしてた。

続きを読む

売り切れ必至! 【30%OFF】Bottega Fiorentinaボッテガ Florence/Unisex/メンズ/小物/インポート/ギフト/プレゼント/赤茶緑紺青/春物セール) ウォレット(17A-BF-04/688)(A.R 高級ブランド 長財布イタリア レザー フィオレンティーナ牛革-メンズ財布

965: 名無しさん@おーぷん 2015/02/03(火)11:15:49 ID:xKh

続きを読む

売り切れ必至! 【30%OFF】Bottega Fiorentinaボッテガ Florence/Unisex/メンズ/小物/インポート/ギフト/プレゼント/赤茶緑紺青/春物セール) ウォレット(17A-BF-04/688)(A.R 高級ブランド 長財布イタリア レザー フィオレンティーナ牛革-メンズ財布

非常に不愉快な内容かも知れません。

7年か8年ぐらい前にmixiやってた頃、
学生時代に仲が良かったグループで招待し合ってマイミク登録していた。
そのグループは6人のうち4人が結婚や就職で地元を離れているので
ネット上で昔のように遊べることを楽しんでいた。
が、ある時AとBが激しくぶつかった。
Bが子供がいなくて専業主婦であるAを馬鹿にするような発言をし、
それに対してAが冷静に反論した。(ちなみにBは独身)

続きを読む

売り切れ必至! 【30%OFF】Bottega Fiorentinaボッテガ Florence/Unisex/メンズ/小物/インポート/ギフト/プレゼント/赤茶緑紺青/春物セール) ウォレット(17A-BF-04/688)(A.R 高級ブランド 長財布イタリア レザー フィオレンティーナ牛革-メンズ財布


続きを読む

このページのトップヘ